不動産売却のまとめ


家の模型と設計図不動産会社で実際に家の売買などに携わっていない限り、多くの方が不動産の売却を考える時には何も分からないことが多いのが現状です。
現在不動産をお持ちの方、またこれから家を建てたりアパートやマンションを購入する予定がある方も、媒介契約には三種類あり、それぞれ少しずつ違いがあることを少しだけ知っておくだけでいざという時慌てず対応が出来ますので、是非媒介契約という言葉を知っておいてください

最後に、私達にとっては複数の不動産会社と契約が出来る一般媒介契約が最もメリットがありそう!と思われがちですが、実はそうではないのです。理由は、不動産会社からすると一般媒介契約では複数の、つまり同業他社にその物件を先に取られてしまう可能性があるため、なかなかあなたの不動産に対し熱心になってもらえない可能性があるからです。

それに比べ、専任媒介契約・専属専任媒介契約はその不動産会社でしか取り扱いがないものとなりますので、契約した不動産会社が一生懸命売る努力をしてくれるのです。

実際に契約を選ぶのは不動産を持っているあなた自身ではありますが、不動産会社が頑張ってくれるというのは大きなポイントではないでしょうか。そのような知識も踏まえ、何を選べば良いのか是非じっくりと検討してみて下さい。


 

専任媒介と専属専任媒介


一般媒介契約は複数の不動産会社と契約出来るため、より自分の希望に合った売却方法に近付けることが出来る、と考える方も多いでしょう。では大きく分けた二つ目の専任媒介契約と専属専任媒介契約について説明します。

契約成立専任媒介契約・専属専任媒介契約は、1社のみの不動産会社と契約しなければならないという決まりがあります。
専任媒介契約と専属専任媒介契約は、ほとんどの部分が似ているのですが、大きな違いは一つです。

例えばあなたが自分で不動産の買い手を探して売却することになっときに、自分で直接の取り引きをしても良いかどうか、という点です。
専属専任媒介契約を不動産会社と結んでいる場合には、個人で直接の取り引きは出来ず、必ず契約している不動産会社を通さなくてはなりません

そこには当然、仲介手数料も発生してきます。従って、もしあなたが不動産を売却する際に、知人や親戚に買ってくれそうな人があらかじめ居る場合には、専属専任媒介契約よりも専任媒介契約のほうがスムーズな取り引きになるでしょう。

この二つの違いを知っておくことで、よりスムーズに且つ希望通りの売却へと進めることが出来ます。言葉だけを見ると難しいように感じますが、内容をよく把握してみましょう。


 

家を売る、不動産売却の契約媒体


不動産売却不動産など家を売る場合には、不動産会社と交わす媒介契約の種類がいくつかあります。
一つは一般媒介契約。
もう一つは専任媒介契約。
そして専属専任媒介契約というものです。

まず初めに、媒介契約について説明します。
媒介契約とは、あなたが不動産会社を通して家などの不動産を売却するときに結ぶ契約のことです。
その際、不動産会社から、どのようなサービスを受けられるかと言うことが大切なポイントになります。

ここで言うサービスとは、売却の希望条件や媒介契約の有効期間、売却が成立したときにあなたが不動産会社に支払う仲介手数料などを指します。
初めに挙げた三種類の媒介契約はそれぞれに違いがありますので、どの媒介契約を選ぶかによってあなたの不動産がより高く、尚且つスムーズに売れるかということも少しずつ変わってきます。

では、まずは大きく二つに分けてみます。一般媒介契約に対して、専任媒介契約・専属専任媒介契約というように分けて考えると、大きな違いとして一般媒介契約は複数の不動産会社と契約が出来ますが、専任媒介契約・専属専任媒介契約は一社の不動産会社としか契約出来ないという点が挙げられます。

2社以上の不動産会社と契約が出来るということは、比較検討が出来る、というメリットがあります。また、媒介契約を結ぶと不動産会社からの活動報告を受けなくてはならないということが決められていますが、一般媒介契約だけはこの報告の定めがありません。では他の媒介契約にはどのようなメリット、デメリットがあるのかを見ていきます。