家を売る、不動産売却の契約媒体


不動産売却不動産など家を売る場合には、不動産会社と交わす媒介契約の種類がいくつかあります。
一つは一般媒介契約。
もう一つは専任媒介契約。
そして専属専任媒介契約というものです。

まず初めに、媒介契約について説明します。
媒介契約とは、あなたが不動産会社を通して家などの不動産を売却するときに結ぶ契約のことです。
その際、不動産会社から、どのようなサービスを受けられるかと言うことが大切なポイントになります。

ここで言うサービスとは、売却の希望条件や媒介契約の有効期間、売却が成立したときにあなたが不動産会社に支払う仲介手数料などを指します。
初めに挙げた三種類の媒介契約はそれぞれに違いがありますので、どの媒介契約を選ぶかによってあなたの不動産がより高く、尚且つスムーズに売れるかということも少しずつ変わってきます。

では、まずは大きく二つに分けてみます。一般媒介契約に対して、専任媒介契約・専属専任媒介契約というように分けて考えると、大きな違いとして一般媒介契約は複数の不動産会社と契約が出来ますが、専任媒介契約・専属専任媒介契約は一社の不動産会社としか契約出来ないという点が挙げられます。

2社以上の不動産会社と契約が出来るということは、比較検討が出来る、というメリットがあります。また、媒介契約を結ぶと不動産会社からの活動報告を受けなくてはならないということが決められていますが、一般媒介契約だけはこの報告の定めがありません。では他の媒介契約にはどのようなメリット、デメリットがあるのかを見ていきます。