専任媒介と専属専任媒介


一般媒介契約は複数の不動産会社と契約出来るため、より自分の希望に合った売却方法に近付けることが出来る、と考える方も多いでしょう。では大きく分けた二つ目の専任媒介契約と専属専任媒介契約について説明します。

専任媒介契約・専属専任媒介契約は、1社のみの不動産会社と契約しなければならないという決まりがあります。専任媒介契約と専属専任媒介契約は、ほとんどの部分が似ているのですが、大きな違いは一つです。

例えばあなたが自分で不動産の買い手を探して売却することになっときに、自分で直接の取り引きをしても良いかどうか、という点です。専属専任媒介契約を不動産会社と結んでいる場合には、個人で直接の取り引きは出来ず、必ず契約している不動産会社を通さなくてはなりません。

そこには当然、仲介手数料も発生してきます。従って、もしあなたが不動産を売却する際に、知人や親戚に買ってくれそうな人があらかじめ居る場合には、専属専任媒介契約よりも専任媒介契約のほうがスムーズな取り引きになるでしょう。

この二つの違いを知っておくことで、よりスムーズに且つ希望通りの売却へと進めることが出来ます。言葉だけを見ると難しいように感じますが、内容をよく把握してみましょう。